被害が拡大する前にハクビシン対策を行ないましょう

ネズミとの関係性を知る ネズミとの関係性を知る

ネズミがいるとハクビシンが寄ってくる?

ネズミが家にいる場合、ハクビシンが住み着いてしまうことがあります。早急な対策を行ないましょう。

ハクビシンのエサはネズミ?

ハクビシンは木登りを活用して果物や穀物などを取って食べます。食べるものは農作物とは限らず、鳥やねずみ、昆虫なども食べる雑食でもあります。そのため、エサを求めてネズミのいる家に入り込むことがあるのです。ネズミの糞尿によってハクビシンを呼び寄せることもあることから、ネズミ対策を早めに行なうことも重要になります。

ハクビシンが住み着いて起こる被害実例

天井裏から足音が聞こえるようになりうるさくて困っている (50代/男性)

天井裏からバタバタとした足音が聞こえるようになり、うるさくて夜も眠れませんでした。我が家は平屋なので何がそこにいるのかわからなかったので業者に調べてもらいました。ハクビシンが住み着いており、かなり驚きましたね。あんなに大きな動物が一体どこから侵入してきたのか…今でも考えると怖いですね。

家の中から悪臭がすると思い調べてみると大量の糞がありました (40代/女性)

家のどこからかする悪臭にずっと悩まされてました。どこを掃除しても悪臭は消えることなく、隅々まで調べてみると大量の糞を発見したのです。恐らくハクビシンが侵入してきたんだと思いますが、かなり動揺してしまいましたね。すぐに業者に来てもらって対処しましたが、知らない間にこんなにも糞が溜まっていたと考えると…。もっと早めに調べてもらうべきでした。

ハクビシン対策だけでなくネズミ対策も必要になる

ハクビシンによる被害を防ぐためには、まずハクビシン対策を行ない、その後にネズミ対策をしてください。ハクビシンを追い払っても、ネズミがいる状態ではまた再発してしまう可能性もあります。根本的な解決に導くためにもネズミ問題を対処することが大切です。

ハクビシン対策は駆除業者なら確実

ハクビシン

ハクビシンによる被害をなくすためには、業者にしっかりと対処してもらいましょう。ハクビシン対策を行なう業者はさまざまな方法で問題を解消してくれます。

駆除業者が行なう対策方法

ハクビシンの捕獲
捕獲器を使って被害を与えるハクビシンを捕まえます。捕獲器にはいくつか種類があり、エサを使って誘導する餌式捕獲器や、動物の重さを利用した踏板式罠、捕獲箱内部にあるワイヤーに動物が触れることで入口の扉が閉まる仕組みの扉式罠といったものがあります。業者は捕獲する動物や、設置する場所に合わせてこれらの捕獲器を使用します。
忌避剤で追い出す
ハクビシンは学習能力が高く、一度受けた危害は忘れません。その性質を活かして退治するアイテムは忌避剤です。忌避剤にはハクビシンの苦手なニオイが含まれており、忌避効果を期待することができます。ニオイ以外にも、威嚇音や超音波といったハクビシンが嫌う音を出して忌避するものもあります。ここは怖い場所なんだと認識させることで侵入するのを防げるのです。

調査を行なってから作業をするので問題ありません

これらの対策方法は、安全基準を厳守して行なう必要があります。業者の場合、現地調査をしてからハクビシン対策のプランを考え、安全で確実に駆除をしてくれるので安心です。家の中を調べることで1匹逃さず追い出すころができ、再発を防ぐことができます。

TOPボタン